本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

サービスと技術Services & Solutions

トップページ > サービスと技術 > 医工連携事業化推進コンサルティング


医工連携事業化推進コンサルティング

事業化・商品化

 私たちの推す医工連携は事業化・商品化です。

 その手法としては『まず、現場のニーズ』として現場指向・ニーズ指向を徹底します。

 次に『値ごろ感』『費用負担者』をリサーチします。

 商品として価値があり流通が続けば、医療側も買い続けることができます。


 私たちは医療界と産業界の両方を理解し、更に『医工連携専門家』としての実務経験があります。メーカーOBでも大学の先生でも医工連携専門家として従業した経験を持つ人材は滅多に居ません。

 医工連携専門人材による事業化、連携最適化、連携モデル構築など全般的に携わり、皆様のパートナーとして機能します。
 稀少人材である【臨床経験】【産業界経験】【医工連携専門経験】のすべてを経験し、民間として医工連携に専従しているスタッフが居ります。
 また薬事承認など専門性の高い分野については経験豊富な連携先・協力先と共に課題の解決に努めます。







ニーズ志向・課題解決型

マーケットイン

 私たちは独自の医工連携スキームを展開しています。

 市場性が無ければ事業化できないと考えれば、市場があるところを攻めるのが普通です。

 医工連携における市場は医療側が握っています。
 医療従事者らの困りごとに傾聴し、解決策を探し出します。




機構的

 デザインと呼べるほどクリアなものはありませんが、段階に応じたプロトタイピングを実施しています。

 熱意があることは良いのですが、ニッチな部分への迷い込みや思い込みは事業性を低下させます。

 いま、何を考えているのかを周囲に理解してもらいます。
 より良い方法がないかをディスカッションします。
 競合する技術や商品がないかをリサーチします。

 『俺の言う通り作りゃいい』というものはオーダーメイド品として企業マッチングします。
 『患者さんの前で失敗を繰り返したくない』という看護師の想いは、他の看護師にも共感が得られるようであれば解決策の提供に医工が連携して取り組みます。

 当社は、異業種間の境界領域を最適化するゲートキーパーです。










療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑