本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進コンサルティング > 私たちの稀少性・特殊性


稀少性・特殊性

Rare

 主要人材には稀少性があります。

 臨床経験のある医工連携コンサルタントは滅多に居ません。

 産業界での実務経験者でもあります。
 起業も経験しています。

 医工連携の専門家として国立高度専門医療研究機関での常勤(産学官連携)、東証一部上場企業での常勤(新規事業開発部長)を経験しています。
 医工連携を生業として雇用されている人材が少ない中で、さらに実務として多様な場面に接していることは稀です。



Special

 私たちの提供するサービスには特殊性があります。

 医療側の声を受け止め、翻訳することができます。

 企業側の立場になって、事業性を高めることができます。
 特に医療側から妥協点を引き出し、オーバースペックな商品とならぬよう調整し、事業性の確保に努めます。

 シーズ押付型にならぬよう、マーケットイン型で市場の主役である医療従事者や患者の動向を探り、生の声を聴くための人脈も備えています。



Network

 多彩な人々とのネットワークを構築しています。

 所属や世代の違う多職種の医療従事者とのネットワークがあります。
 私たちが推奨するマーケットイン型医工連携事業化推進において、欠かせぬ情報源となっています。

 事業の将来性を評価するアドバイザリーボード、ご意見番でもあります。

 中央省庁や地方自治体、産業支援機関など全国に連携先を持っています。
 情報の地産地消に努め、例えば広島発の医療ニーズであれば広島県庁と経済産業省中国経済産業局へ、愛知県の話題であれば名古屋商工会議所と中部経済産業局へ情報連携し、地元企業との協働を模索します。





看護師とのコミュニケーション

マルチスキル・ナース

 看護師は非常に多彩な業務を行っており、医療現場のあらゆる箇所で課題や不満を持っています。

 看護師の意見に傾聴することで、思わぬビッグビジネスと出会ったこともあります。

 薬事承認申請の要らないような雑品ネタも多くあり、中小企業としては関係しやすい案件もあります。

 私たちは、看護師とのコミュニケーションが取れます。
 ナースと一緒に医工連携を進めてきた実績があります。





お問合せ

 お問合せ、ご相談はお気軽にご連絡いただければと思います。







療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)
AMED医工連携事業化推進事業アドバイザー

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑