本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

実績紹介Our Works

トップページ > 実績紹介 > 医療福祉設備

療養住環境 (在宅医療・在宅介護)

 国策として入院病床減、在宅シフトが推進されていますが、患者の『家に帰りたい』という願望は社会保障制度とは無関係のところで生じています。
 一方で『病院に居れば安心』と考える方々も多いのが現状です。

 自宅と病院との違いは何でしょう。
 ソフト面では病院は医療従事者が近くに居り自宅は家族が近くにいるということ、滞在費(入院費)は保険が大半を負担するが自宅の家賃やローンは自己負担であることなどがあります。
 ハード面では病院はバリアフリー化されていますが、自宅は改修工事が必要なお宅がまだまだ多いことが挙げられます。

 私たちは、自宅での療養を最適化するお手伝いをしてまいりました。その事例をご紹介します。

詳細についてはこちらからご確認いただけます。






トレーニングセンター

 医療現場では高い技術が求められる一方で、失敗も許されない厳しい状況が普遍的となっています。

 医療従事者は日々研鑽し、休日返上で研修に参加することは珍しくなく、日進月歩の医療ではベテランであっても学ぶことがたくさんあります。

 そうした中で院内にトレーニングセンターを設置する動きが盛んとなり、既に大学病院では整備が行きわたり市中病院へも波及が始まっています。

 ゼネコンやコンサルなど建築側にトレセン設計のノウハウ蓄積がなく、また医療側も建築とトレーニングの両方に精通したスタッフが院内に居る例は稀で、他院の医療従事者に依頼する仕組みもないため不満の残るトレセンが竣工してしまったとの話も聞きます。

 当社は医療と建築の両実務経験があり、医療安全や教育研修にも実績のある非常に稀な人材がトレーニングセンターの企画や整備をお手伝いしてきた人材を擁しています。その実績の一部をご紹介しています。

詳細についてはこちらからご確認いただけます。







サービス

 サービス内容や弊社シーズについてはこちらをご覧ください。




↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑

療養住環境最適化・強靭住環境

ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)