本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

知る・楽しむ!Enjoy

トップページ > 知る・学ぶ・楽しむ > 非常電源設備負荷試験

 自動車を点検するとき、エンジンが掛かっただけで正常とは判断せず、走行や停止などを実際に確認します。

 発電機もエンジンですが、非常時に使われる状況を再現してテストされているのでしょうか。

 数時間〜数日間連続運転される非常用発電機が数十分の無負荷運転で大丈夫でしょうか?




非常用発電機

 非常時の電力を確保する手段として非常用自家発電設備が敷設されます。

 非常時の電力とはすなわち、消防法や建築基準法で規定された消防用設備や照明装置などを指します。
 これらは法制化されているため対象の建築物では必ず敷設されています。

 一方で非常時の調理や携帯電話の充電などは、法令では定められていないため任意で確保されます。病院の医療機器を動かすための非常電源も、医療機関の裁量で設置されています。


総務省消防庁:消防法における自家発電設備の位置づけ
横浜市消防局:非常電源
総務省消防庁
国土交通省




実施低調(?)

 非常用の自家発電設備に負荷を掛けて検査している事例は、実は少ないようです。後述しますが、低調を危惧して2018年に法改正がありました。

 2002年の通知(消防予第172号)では運転状況の点検要領を『疑似負荷装置、実負荷等により、定格回転速度及び 定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認する』と明記されていました。

 皆さんがよく目にする誘導灯などは蓄電池(バッテリ)で動くので負荷はあまり関係ありませんが、消火栓など大きな動力を必要とする場面では発電機の負荷試験が実施されていないと、負荷を掛けたらエンストという事もあります。

総務省消防庁:消防法設備等の点検要領の全部改正について消防庁予防課長, 消防予第172号(平成14年6月11日)




負荷有無の差

 私たちの自験例ですが、変圧器に負荷を接続してOn/Offの挙動を調べてみました。

 下図は2017年11月の実験において、発電機に負荷を接続してOnにした時点を矢印で示したものです。横軸が時間、縦軸が電圧です。

 約106[V]の無負荷運転中に負荷を掛けると2[V]程度の電圧降下が見られますが、概ね安定して運転しています。
 このときは周波数に歪みは見られませんでした。

 状態が悪いと、負荷が掛かると器具が停止するほどの電圧降下が発生したり、周波数に歪みが生じて電源品質が劣化するなどの事象が見られます。

 過負荷状態であれば発電機が正常動作しないのは当然ですが、定格内で動作不良を起こす場合はエンジンなどの点検が必要になります。ピストンシリンダにススが付着していたりオイルが劣化していればピストンの動きが悪くなり定格出力が得られず、過負荷と同じような挙動を示すことになります。




負荷試験

 2018年6月1日施行の新しい点検基準では、点検方法を科学的に検証された結果が反映されています。

 負荷運転の実施周期は1年に1回ですが、適正な予防保全が実施されていれば6年に1回となりました。
 予防保全には細かな項目が決まっており、作業時間は丸一日を見込みます。負荷試験は半日程度を見込みます。正常に動作した記録を残していく実負荷試験と、異常が無い状態に積み上げていく予防保全の作業に違いあります。

 これまで1度も負荷試験を実施したことが無い施設では、2018年に内部監察(分解整備点検)か実負荷試験を実施して報告しなければなりません。


改正のポイント(リーフレット・消防庁)

改正のポイント(動画・53秒)

改正要点の解説と実務(動画・4分43秒)


総務省消防庁:自家発電設備の点検方法が会聖されました, 平成30年6月1日施行, 消防庁リーフレット
総務省消防庁:内部観察とは?, 自家発電設備の点検改正に伴うリーフレット, 火災予防
総務省消防庁:予防的な保全策とは?, 自家発電設備の点検改正に伴うリーフレット, 火災予防
総務省消防庁:消防法における自家発電設備の点検基準等について, 消防用設備等点検報告制度の在り方に関する検討部会 第4回(2017年9月28日) 参考資料4-6
総務省消防庁:消防用設備等の点検報告について, 総務省消防庁予防課設備係, 2017年6月23日
総務省消防庁:消防用設備等点検報告制度に係る留意事項等について(通知), 消防庁予防課長, 消防予第382号(平成28年12月20日)
総務省消防庁:消防用設備等の試験基準及び点検要領の一部改正について, 消防庁予防課長, 消防予第382号(平成21年9月15日)
総務省消防庁:消防法設備等の点検要領の全部改正について消防庁予防課長, 消防予第172号(平成14年6月11日)
一般社団法人非常電源保守連合会





療養住環境最適化スタッフ(ナース)

 訪問看護師として見た家々で危険を感じる事、誰に相談したら良いかわからないことはありませんか。

 家族の介護が始まって気になり始めたこと、相談相手がわからないことなどありませんか。
 『あの赤いコンセントが欲しい』と思っても誰に注文するのか、そもそも自宅に付けられるのか、DIYできないか、など考える事はありませんか。

 当社では色々な質問・疑問にお答えします。

次のページへ






療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)
AMED医工連携事業化推進事業アドバイザー

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑